プログラム
6月5日時点でのプログラムです。変更が生じた場合は暫時更新します。

日程表

日程表

企画セッション 6月5日(金)

大会長講演 第1会場 9:05~9:35

座長:中島 直樹(九州大学病院 メディカル・インフォメーションセンター)

医療情報、何を伝える、どのように伝える?

  • 渡邉  直(一般財団法人 医療情報システム開発センター)

大会企画セッション1 第1会場 9:45〜11:15

オーガナイザー:岡田 美保子(一般社団法人 医療データ活用基盤整備機構)
        渡邉  直(一般財団法人 医療情報システム開発センター)
座長:渡邉  直(一般財団法人 医療情報システム開発センター)
   宇都由美子(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 医療システム情報学)

Reducing Clinician Burden(RCB)
-臨床家の負担を削減する:医療情報学の視点から-

  • RCBがなぜ必要か、どのように行うか?
  • 渡邉  直(一般財団法人 医療情報システム開発センター)
  • 看護師の業務負担と看護業務改革
  • 宇都由美子(鹿児島大学 大学院医歯学総合研究科)
  • RCBを実現するために:医薬品運用統一のメリット
  • 髙栁 和伸(倉敷中央病院 薬剤部)
  • 業務負担軽減と医療の質:LHSの観点から
  • 中島 直樹(九州大学病院 メディカル・インフォメーションセンター)
  • 【指定発言】臨床医をサポートするシステム:臨床業務を軽減するために
  • 豊田  建(株式会社HCI)

特別講演1  第1会場 14:20〜15:20

座長:近藤 博史(鳥取大学医学部附属病院 医療情報部)

「人生100年時代」における健康・医療情報システム ─アフターコロナ/ウィズコロナを踏まえて─

  • 江崎 禎英(経済産業省 商務・サービスG)

大会企画セッション2  第1会場 16:45〜18:15

オーガナイザー:今井  健(東京大学大学院医学系研究科 疾患生命工学センター)
座長:松村 泰志(大阪大学大学院医学系研究科医療情報学)

Year-in-Review

  • 今井  健(東京大学大学院医学系研究科 疾患生命工学センター)
  • 脇  嘉代(東京大学大学院医学系研究科 社会医学専攻法医学・医療情報経済学講座)

大会企画セッション3  第3会場 15:30〜17:00

オーガナイザー:中川  肇(富山大学附属病院 医療情報部)
座長:中川  肇(富山大学附属病院 医療情報部)
   高橋 長裕(日本診療情報管理学会)

HIM(診療情報管理士)とHIT(医療情報技術者) 〜その現状と将来展望〜

  • data health scientistの未来
  • 渡邉  直(一般財団法人 医療情報システム開発センター)
  • 医療情報技師の現状と課題(医療系大学の立場から)
  • 内藤 道夫(鈴鹿医療科学大学 医用工学部医用情報工学科)
  • 医療情報技師の現状と課題(病院の立場から)
  • 村田 泰三(大阪大学医学部附属病院 医療情報部)
  • 診療情報管理上の現状と課題
  • 高橋 長裕(日本診療情報管理学会)

医療情報技師セッション  第3会場 18:00〜19:00

座長:成清 哲也(広島国際大学 健康科学部医療経営学科)
   谷川 琢海(北海道科学大学 保健医療学部診療放射線学科)

現場での苦労について語ろう

企画セッション 6月6日(土)

特別講演2  第1会場 13:40〜14:40

座長:木村 通男(浜松医科大学医学部附属病院 医療情報部)

プライバシー保護と医療情報の利活用 ―次世代医療基盤法は二兎を追えるか?

  • 山本 隆一(一般財団法人 匿名加工医療情報公正利用促進機構)

大会企画セッション4  第1会場 9:00~10:30

オーガナイザー兼座長:石田  博(山口大学大学院医学系研究科 医療情報判断学)
座長:岡田 美保子(一般社団法人 医療データ活用基盤整備機構)

医療ビッグデータを活用した臨床研究の最前線と課題

  • 医療ビッグデータを活用した臨床研究の推進 -企画趣旨-
  • 石田  博(山口大学大学院医学系研究科 医療情報判断学)
  • DPCデータ・レセプトデータを用いた臨床研究
  • 康永 秀生(東京大学大学院医学系研究科 臨床疫学・経済学)
  • 診療録直結型糖尿病データベース(J-DREAMS)を用いた臨床研究
  • 大杉  満(国立国際医療研究センター 糖尿病情報センター)
  • 大阪臨床研究ネットワークのICT基盤システムによる臨床研究の推進
  • 松村 泰志(大阪大学大学院医学研究科 医療情報学)
  • 包括的腎臓病データベースJ-CKD-DB構築に関する報告及び症例レジストリーに求められる性質とは
  • 岡田美保子(一般社団法人 医療データ活用基盤整備機構)

大会企画セッション5  第1会場 14:50〜16:20

オーガナイザー兼座長: 白鳥 義宗 (名古屋大学医学部附属病院 メディカルITセンター)

EHR とPHR その将来を考える ~EHR、PHRに求められているものは?~

  • 病診連携型EHRの現状・価値・未来と課題
    〜長崎県@あじさいネット16年間の長期運用の中でわかってきた日本型EHRの真価〜
  • 松本 武浩(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 医療情報学)
  • 多職種・多施設連携システム「さどひまわりネット」 〜構成と運用、PHRへの課題〜
  • 佐藤 賢治(新潟県厚生連佐渡総合病院)
  • 健康ビッグデータをベースとした『寿命革命』エコシステム構築戦略
  • 村下 公一(弘前大学COI研究推進機構(健康未来イノベーションセンター))
  • PHRにとって大事なことは?
  • 中島 直樹(九州大学病院 メディカル・インフォメーションセンター)

緊急企画! 学会企画セッション  第1会場 16:45〜18:15

オーガナイザー:中島 直樹(九州大学病院 メディカル・インフォメーションセンター)
座長:脇 嘉代(東京大学大学院医学系研究科 社会医学専攻法医学・医療情報経済学講座)

ポストコロナの医療情報

  • ポストコロナの医療情報 ~看護師の視点から~
  • 村岡 修子(NTT東日本 関東病院)
  • ポストコロナの医療情報
  • 井上 創造(九州工業大学大学院生命体工学研究科)
  • COVID-19がもたらす医療への影響
  • 武藤 真祐(医療法人社団鉄祐会 祐ホームクリニック)
  • コロナで何が変わったのか?アフターコロナの医療情報に向けて
  • 黒田 知宏(京都大学医学部附属病院 医療情報企画部)
  • ポストコロナの医療情報
  • 河添 悦昌(東京大学大学院医学系研究科 医療AI開発学講座)

医療情報技師セッション  6月5日(金)

現場での苦労について語ろう  第3会場 18:00〜19:00

本セッションは、大会に参加されている多様な立場の方々の現場での苦労をシェアし、加速する変化に共感することで、皆さんが明日からの活力を得られるように企画しました。
セッションでは、チャット・アンケート形式で進めてまいります。

デジタル広場  6月6日(土)

(1)9:00〜10:40  (2)14:50〜16:30

Slack@の「jami2020webデジタル広場」に入れます。
学術大会参加者の皆様には6日午前9時までに招待メールをお送りします。
そこから「デジタル広場」にお入りください。

ワークスペースは6日9:00〜19:00に開いています。空いた時間にお好きなチャンネルで交流を、名前と所属ときちんと! ニックネームは禁止。不適切なチャットは管理者が警告・削除します。

共催セミナー 6月5日(金)

共催セミナー1  第1会場 12:30〜13:20共催:インターシステムズジャパン株式会社

座長:中山 雅晴(東北大学大学院医学系研究科医学情報学分野)

「アンサングシンデレラを支えよう」─FHIRによる薬剤疑義照会トレースの実装と
"In-Process Messaging Intelligence(IMI)"コンセプトの提案

  • 鳥飼 幸太(群馬大学医学部附属病院 システム統合センター)

共催セミナー2  第2会場 15:45〜16:35共催:アライドテレシス株式会社

  • 仮想化・IoT活用時代における医療系ネットワークとは
  • 山下 芳範(福井大学医学部附属病院 医療情報部)
  • 医療機関におけるネットワークの重要性 ~これからの院内ネットワークに求められることとは?~
  • 福田香奈絵(アライドテレシス株式会社 ソリューションエンジニアリング本部
          広域プロジェクトマネージメント部 技術支援グループ)

一般口演A 6月5日(金)

第1会場 11:35〜12:15

座長:岡田美保子(一般社団法人 医療データ活用基盤整備機構)

  • OA1-01 次世代医療基盤法下におけるEHRを中心とした医療情報循環モデルの社会実装
  • 粂  直人(京都大学大学院医学研究科 EHR共同研究講座)

第1会場 13:30〜14:10

座長:中川  肇(富山大学附属病院 医療情報部)

  • OA2-01 医療情報銀行を中心とするPersonal Health Recordのアーキテクチャとその試行
  • 松村 泰志(大阪大学大学院医学系研究科 医療情報学)

一般口演A 6月6日(土)

第1会場 10:50〜11:30

座長:中山 雅晴(東北大学大学院医学系研究科 医療情報学分野)

  • OA3-01 放射線レポートからの情報抽出と構造化に関する取り組み
  • 杉本 賢人(大阪大学大学院医学系研究科 医療情報学)

一般口演B  6月5日(金)

第2会場 9:45〜10:15

座長:赤澤 宏平(新潟大学医歯学総合病院 医療情報部)

  • OB1-01 経過記録情報を用いた深層学習による欠損値補間したHbA1c予測モデルの構築
  • 畠山  豊(高知大学医学部附属 医学情報センター)

第2会場 10:20〜10:50

座長:横井 英人(香川大学医学部附属病院 医療情報部)

  • OB2-01 患者状態把握を目的とした機械学習と共起有向グラフによる診療プロセス解析
  • 山下 貴範(九州大学病院 メディカル・インフォメーションセンター)

第2会場 10:55〜11:25

座長:石田  博(山口大学大学院医学系研究科 医療情報判断学)

  • OB3-01 異種混合学習を用いたアルツハイマー病発症予測解析
  • 菊地 正隆(大阪大学大学院医学系研究科 ゲノム情報学共同研究講座)

第1会場 15:30〜16:00

座長:仲野 俊成(関西医科大学 大学情報センター)

  • OB4-01 トピックモデルを用いた病床機能報告データの分析
  • 田中 昌昭(川崎医療福祉大学 医療情報学科)

第1会場 16:05〜16:35

座長:仲野 俊成(関西医科大学 大学情報センター)

  • OB5-01 Factors associated with rePeated PArticiPAtion in telemedicine and health checkuPs
           in Bangladesh and India
  • Fumihiko Yokota(Institute of Decision Science for Sustainable Society, Kyushu University)

第2会場 16:45〜17:15

座長:美代 賢吾(国立国際医療研究センター 医療情報基盤センター)

  • OB6-01 病院情報システムにおける利用者支援機能の病院間での差異に起因するリスク
          〜利用者の認知・行動モデルに基づく分類〜
  • 津久間 秀彦(広島大学病院 医療情報部)

第2会場 17:20〜17:50

座長:宇都由美子(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 医療システム情報学)

  • OB7-01 テンプレートとスマートフォンアプリを利用したデータ入力作業の効率化について
  • 佐々木恵利奈(東北大学病院 メディカルITセンター)

一般口演B  6月6日(土)

第2会場 9:00〜9:30

座長:内藤 道夫(鈴鹿医療科学大学 医用工学部医用情報工学科)

  • OB8-01 病院情報システムと画像情報システムの導入と保守に関して
         サーバのハードウェア分離入札の効果
  • 近藤 博史(鳥取大学医学部附属病院 医療情報部)

第2会場 9:35〜10:05

座長:花田 英輔(佐賀大学 理工学部情報部門)

  • OB9-01 院内携帯電話屋内基地局による携帯電話出力抑制
  • 長瀬 啓介(金沢大学附属病院 経営企画部)

第2会場 10:10〜10:40

座長:近藤 博史(鳥取大学医学部附属病院 医療情報部)

  • OB10-01 画像診断レポートの所見位置情報による 画像 Bounding Box の自動作成
  • 武田 理宏(大阪大学大学院医学系研究科 医療情報学)

第1会場 11:50〜12:20

座長:黒田 知宏(京都大学医学部附属病院 医療情報企画部)

  • OB11-01 電子カルテデータを構造化した症例マトリクスによる疾患判別モデルの構築と
           表記揺れ集約の効果
  • 野口  怜(群馬大学医学部附属病院 システム統合センター)

第2会場 11:50〜12:20

座長:池田 和之(奈良県立医科大学附属病院 薬剤部)

  • OB12-01 中断時系列解析を用いた向精神薬の多剤併用に対する診療報酬改定の効果の検証
  • 奥井  佑(九州大学病院 メディカル・インフォメーションセンター)

第2会場 14:50〜15:20

座長:今井  健(東京大学大学院医学系研究科 疾患生命工学センター)

  • OB13-01 診療記録で事前学習した BERT による疼痛表現の抽出
  • 柴田 大作(奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科)

第2会場 15:25〜15:55

座長:今井  健(東京大学大学院医学系研究科 疾患生命工学センター)

  • OB14-01 医学分野に対応した日本語 BERT モデルの構築
  • 和田 聖哉(大阪大学大学院医学系研究科医療情報学)

ポスターA発表  6月5日(金)

ポスターA  第2会場 14:20〜15:35

座長:大佐賀 敦(秋田大学医学部附属病院 医療情報部)

  • 14:20〜14:35
  • PAO1-01 日本循環器学会データ出力標準フォーマット(SEAMAT)の大学病院への導入経験と課題
  • 木島 真一(九州大学大学院医学研究院 循環器内科学)
  • 14:35〜14:50
  • PAO1-02 Validation機能を備えた健診標準フォーマットProfileの設計と機能評価
  • 木村 映善(国立保健医療科学院)
  • 14:50〜15:05
  • PAO1-03 口腔診査情報標準コード仕様の策定について
  • 井田 有亮(東京大学大学院医学系研究科)
  • 15:05〜15:20
  • PAO1-04 臨床情報、画像情報、サンプル情報を統括した多施設臨床研究支援システムの開発
  • 真鍋 史朗(大阪大学大学院医学系研究科情報統合医学講座 医療情報学)
  • 15:20〜15:35
  • PAO1-05 Object detectionによる乳房USのAI診断
  • 森 龍太郎(岐阜大学医学部附属病院 医療情報部)

ポスターA  第3会場 14:20〜15:20

座長:堀  謙太(兵庫医科大学 医療情報学)

  • 14:20〜14:35
  • PAO2-01 当院における第2期ロボット搬送システム実証実験
  • 山下 暁士(名古屋大学医学部附属病院 メディカルITセンター)
  • 14:35〜14:50
  • PAO2-02 ⾃動⾛⾏デリバリーロボット”Relay®”による医薬品搬送の検討
  • 石川 春樹(慶應義塾大学病院 薬剤部)
  • 14:50〜15:05
  • PAO2-03 機能別病床重心の分析に観る地域医療構想における構想区域と定量的基準の妥当性の検討
  • 中村  敦(医療データ分析ラボ/株式会社サンネット)
  • 15:05〜15:20
  • PAO2-04 患者調査および医師・歯科医師・薬剤師統計を用いた医療連携ネットワークの抽出
  • 周藤 俊治(奈良県立医科大学 地域医療学講座)

ポスターA発表  6月6日(土)

ポスターA  第2会場 12:30〜13:15

座長:白鳥 義宗(名古屋大学医学部附属病院 メディカルITセンター)

  • 12:30〜12:45
  • PAO3-01 パフォーマンス指標を現場にフィードバックすることで高齢者糖尿病医療の質を改善させる
          枠組みの構築
  • 船越 公太(九州大学病院 ARO次世代医療センター)
  • 12:45〜13:00
  • PAO3-02 公開可能な基準血液検査値分布セット
  • 城  真範(産業技術総合研究所)
  • 13:00〜13:15
  • PAO3-03 原価計算システムを用いた病院経営分析の取り組み
  • 松本 武浩(長崎大学病院 医療情報部)

ポスターA  第2会場 13:40〜14:40

座長:松村 泰志(大阪大学大学院医学系研究科 医療情報学)

  • 13:40〜13:55
  • PAO4-01 1型糖尿病患者を特定するPhenotyPingロジックの性能評価
  • 奥井  佑(九州大学病院 メディカル・インフォメーションセンター)
  • 13:55〜14:10
  • PAO4-02 不整脈疾患を対象としたフェノタイピングの検討
  • 中山 雅晴(東北大学大学院医学系研究科 医学情報学)
  • 14:10〜14:25
  • PAO4-03 ヘリコプター搬送される脳卒中疑い患者における脳主幹動脈閉塞の有無についての病前診断
  • 池田 徳典(熊本大学病院 総合臨床研究部)
  • 14:25〜14:40
  • PAO4-04 機械学習による血栓回収施行医の負担軽減
  • 重田 恵吾(独立行政法人国立病院機構災害医療センター 脳神経外科)

ポスターB

  • PB-01 日本医療情報学会で発表された文献情報に基づく看護関係システムの開発経過のマクロな
        動向の把握
  • 津久間秀彦(広島大学病院 医療情報部)
  • PB-02 略号変換による電子カルテの機械速記法
  • 大石悠一郎(苫小牧市立病院 泌尿器科)
  • PB-03 当院における院内ウイルス性肝炎対策への確立にむけて
  • 田浦 直太(長崎大学病院 医療情報部)
  • PB-04 SS-MIX2標準化ストレージを用いたB型肝炎再活性化モニターシステムの汎用化の実際
  • 西川 彰則(和歌山県立医科大学附属病院 医療情報部)
  • PB-05 ファイルメーカーによる手術記事、サマリー作成支援
        〜NCD一括登録までの手術情報管理システムの開発
  • 立石 和子(久留米大学医学部 外科学講座)
  • PB-06 画像診断管理加算3に対応する医療情報システムの構築
  • 中島 崇仁(群馬大学医学部附属病院 放射線部)
  • PB-07 多施設での使用を前提としたトリアージ、災害診療記録、災害掲示板を統合した災害総合
        システムの実装と災害訓練での使用経験
  • 岡垣 篤彦(国立病院機構 大阪医療センター 医療情報部)
  • PB-08 演題取り下げ
  • PB-09 患者についての“気づき”を能動的に臨床医に伝達するシステムの構築
        〜アクティブ・ディフェンス〜
  • 早川 基治(藤田医科大学医学部脳神経外科)
  • PB-10 重症心身障害児の微細な反応をお知らせするシステムの開発のための特異点の抽出
  • 横関恵美子(四国大学看護学部看護学科)
  • PB-11 深層学習における緑内障診断精度に対する色情報の影響
  • 広田 雅和(帝京大学医療技術学部視能矯正学科)
  • PB-12 誤嚥性肺炎の高齢入院患者における早期リハビリテーションに影響を与える要因分析
  • 武藤 浩司(新潟市民病院 薬剤部)
  • PB-13 消化器外科手術患者の術後感染発症予測モデルの構築
  • 中澤 香子(新潟大学医歯学総合病院 薬剤部)
  • PB-14 DPCレセプトデータを用いた腹腔鏡下膀胱全摘除術における術後合併症治療コストの分析
  • 森井 康博(北海道大学大学院保健科学研究院)
  • PB-15 電子レセプト情報に基づく患者の死亡推定方式の検討
  • 佐藤 淳平(東京大学 生産技術研究所)
  • PB-16 医療データの特徴を考慮した多施設間Federated Learningの提案
  • 馬  雲蔚(京都大学大学院情報学研究科)
  • PB-17 BMIと年令のシミュレーションデータを用いたQuantile regressionの性能評価
  • 西本 尚樹(北海道大学病院 臨床研究開発センター)
  • PB-18 電子カルテデータを用いた漢方薬の含有生薬重複状況の分析
  • 古橋 寛子(九州大学病院 メディカル・インフォメーションセンター)
  • PB-19 関西地域 86 薬局における抗インフルエンザ薬処方件数の予測
  • 白方 大樹(電気通信大学)
  • PB-20 岐阜医療圏におけるクラウド型EHR高度化事業『TGPネットワーク』の取り組み
  • 佐々木典子(社会医療法人 蘇西厚生会)
  • PB-21 演題取り下げ
  • PB-22 地域医療連携システムの運用内容の説明は住民を意識しているか?
        〜公式ホームページに基づく全国調査
  • 津久間秀彦(広島大学病院 医療情報部)
  • PB-23 紹介・逆紹介はパレートの法則に従うのか
  • 阪上 順一(市立福知山市民病院)
  • PB-24 企業健保を対象とした持続可能なPHRサービスモデル研究における従業者の健康医療に関する
        意識調査
  • 吉田 真弓((一財)医療情報システム開発センター)
  • PB-25 標準化リポジトリによる医療情報統合プラットフォーム構築
  • 佐藤 菊枝(名古屋大学医学部附属病院 メディカルITセンター)
  • PB-26 アウトカム志向型パスの標準的データ取得のための電子仕様とデータ構造モデル化
  • 青木 美和(一般社団法人 医療データ活用基盤整備機構)
  • PB-27 Comparison of cross-border patient summary standards
  • Melaku Haile Likka(Medical Graduate School, Graduate School of Integrated Arts and Sciences, Kochi University)
  • PB-28 臨床情報データベースにおける直接的に識別可能な個人情報の匿名化
  • 中村 直毅(東北大学病院 メディカルITセンター)
  • PB-29 医薬品特定に必要な形態素に関する調査
  • 佐藤 弘康(JA北海道厚生連 帯広厚生病院 薬剤部)
  • PB-30 実践医療用語の語構成解析
  • 相良かおる(西南女学院大学)
  • PB-31 HTML5のSemantic Modelに基づいた視覚障害者が利用し易い医療機関
  • Webpage Model構築のための予備調査
  • 田中 武志(広島大学病院 医療情報部)
  • PB-32 情報科学演習受講生における性格基本特性間の関係性
  • 安田  晃(島根大学医学部医療情報学講座)

チュートリアル 6月5日(金)

チュートリアル1  第2会場 12:30〜13:20主催:OHDSI Japan(オデッセイ・ジャパン)

オーガナイザー兼座長:平松 達雄(国際医療福祉大学 未来研究支援センター)

世界最大のReal World Data ネットワーク OHDSI(オデッセイ)の紹介

  • 平松 達雄(国際医療福祉大学 未来研究支援センター)
  • 木村 映善(愛媛大学医学部 医療情報学講座)
  • 岡田 昌史(IQVIAソリューションズジャパン株式会社)
  • 青柳 吉博(国立がん研究センター東病院 臨床研究支援部門研究企画推進部/医療情報部)

チュートリアル2  第3会場 12:30〜13:20主催:日本HL7協会

オーガナイザー兼座長:高坂  定(日本HL7協会 情報教育委員会委員長)

「HL7 FHIR」のご紹介

  • 木村 通男(日本HL7協会 会長、浜松医科大学)
  • 塩川 康成(日本HL7協会 適合性認定委員会委員長)

チュートリアル 6月6日(土)

チュートリアル3  第3会場 12:30〜13:20主催:JAMI研修委員会

オーガナイザー兼座長:山下 芳範(福井大学医学部附属病院 医療情報部)

IoT時代の医療情報活用に向けた無線通信と医療機関における電波管理

  • 山下 芳範(福井大学)
  • 福田香奈絵(アライドテレシス株式会社)
  • 本田 秀幸(BBバックボーン株式会社)